萬田黒鶏

開発背景

 主として家族の暮らしのために鶏を飼うことを庭先養鶏と言います。昔から農家を問わず、家の周辺空き地を利用して、家族みんなで鶏を飼い、家族の貴重な動物蛋白源として自給してきました。またお客が来れば鶏をつぶしてふるまったものです。

 私たちはもう一度このような鶏の食文化と長閑な風景を取り戻したいと考えました。そのためには卵もよく産み肉も美味しい鶏でなければなりません。しかしながら近代の鶏は商品化生産により、レイヤー(卵)とブロイラー(肉)の専用種に二分され、兼用種は居なくなってしまったのです。

 この度、萬田農園において、庭先養鶏向きの兼用種:萬田黒鶏を5年以上の歳月をかけて作出しました。この新品種を鹿児島地域の特産としても普及していきたいと考えています。

萬田黒鶏

萬田黒鶏 作出過程

萬田黒鶏作出過程

萬田黒鶏 育種目標

・大型 (♀で体重2kg)

・鶏冠はバラまたはクルミ冠

・羽色は黒(一部は白も作出) 頭に梵天

・産卵・産肉共に優れる

萬田黒鶏2